紅大豆 好評につき売り切れました

山形県川西町産の大豆です。一度、絶滅をしかけた品種ですが川西町で見事に復活しました。地元では、町おこしの起爆剤になっています。
水に戻してご飯を炊くと赤飯のようになるため、昔は赤飯大豆と呼ばれていました。

特徴 濃い紅色の中粒大豆です。鮮やかな赤色に戻ります。赤飯が作れる不思議な大豆です。
用途 赤飯、塩茹で、サラダ、煮豆
産地 山形県川西町
収穫時期 11月
内 容 量 400g
販売価格(税別価格) 1,000円

 

社長のイチオシコメント

茹で上げたお豆を、冷めるまで鍋で放置してください。一度出た赤色が戻ってきます。

ページ上部へ戻る